中村アン 同事務所・八重樫1回TKO負けに涙「悔しいです」

[ 2017年5月21日 19:58 ]

プロボクシングIBF世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦   ●王者・八重樫東 1回TKO 暫定王者ミラン・メリンド○ ( 2017年5月21日    有明コロシアム )

中村アン
Photo By スポニチ

 タレントの中村アン(29)が21日に放送されたフジテレビ「井上尚弥&八重樫東 ダブル世界戦〜ボクシングフェス2017」にMCとして出演。IBF世界ライトフライ級王者の八重樫東(34=大橋)が1回TKO負けする結果となり、涙を流した。

 同級の暫定王者ミラン・メリンド(29=フィリピン)と対戦した八重樫は1回に3度のダウンを喫し、1回2分45秒で敗れる展開。リングサイドで戦況を見つめていた中村は、MCとしてコンビを組んだフジテレビの三宅正治アナ(54)から試合の感想を求められると「応援していたので…悔しいです」と声を詰まらせた。

 八重樫は16年10月に、中村が所属する芸能事務所プラチナムプロダクションとマネジメント契約を締結。中村は同事務所の仲間がまさかの苦杯を喫したことにこらえきれなくなったようだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年5月21日のニュース