iKON、海外歌手最速ドーム公演 本国デビューから1年9カ月

[ 2017年5月21日 05:33 ]

京セラドーム大阪で初の単独ドーム公演を行ったiKON。(前列左から)ドンヒョク、チャヌ、ジナン、ユニョン(後列左から)ジュネ、BOBBY、B.I。
Photo By 提供写真

 韓国男性7人組「iKON」が20日、京セラドーム大阪で初の単独ドーム公演を開催した。海外歌手として史上最速となる、本国デビューから1年9カ月でのドーム公演。ファン4万人を前に喜びを爆発させた。

 リーダーのB.I(20)は「今日はこのステージをぶっ飛ばすつもり」と宣言。この日のために、7人は普段のツアーの3倍のリハーサルを重ねてきた。その成果か、歌、ダンス、トーク、どれも気合がビンビンに伝わる内容だった。

 未発表の新曲「BLING BLING」を1曲目に据えた強気の構成。重低音のビートに乗せたラップで4万人を盛り上げ、「JUST ANOTHER BOY」など人気曲を畳み掛けて空気をものにした。

 7人は14〜15年に兄貴分のBIGBANGのドームツアーに同行。「ステージを大きく使うこと」と助言された。この日はアリーナに張り巡らされた花道を駆け回り、それを体現。一体感のあるライブとなった。ジナン(23)は満足することなく「ドームがあるところは全部行きたい」と新たな目標を立てた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年5月21日のニュース