稲村亜美「今までノーバンだった」初のワンバン始球式に落胆もリベンジ誓う

[ 2017年5月7日 14:25 ]

<中・巨>始球式を務める稲村亜美
Photo By スポニチ

 「神スイング」で人気のタレント稲村亜美(21)が7日、中日―巨人戦(ナゴヤドーム)で始球式を務めた。

 この日は自身がCM出演する「グーネット」を経営するプロトコーポレーションの協賛デーということで始球式が実現。タンクトップにホットパンツというセクシーなCM衣装で登板。

 ワインドアップで勢いよく投げ込んだが、「引っかかりました」とまさかの大暴投。自己最速103キロの更新はおろか58キロ止まり。「今までノーバンだったので、ワンバウンドは初めて」とショックを隠せない様子だった。

 「お色気始球式と思われたくないので、本気で投げたのですが」と悔しさをにじませ、「一生こういう球を投げないようにします」とリベンジを誓っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年5月7日のニュース