TBS山本アナ&元乃木坂46市来 社交ダンスペア解消 その理由は…

[ 2017年2月24日 22:57 ]

市来玲奈
Photo By スポニチ

 24日に放送されたTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(後8・57)で、同番組の人気企画「金スマ社交ダンス」でペアを組む山本匠晃アナ(32)と元乃木坂46市来玲奈(21)のペア解消が明かされた。

 3日に現在早大3年の市来が民放アナウンサーに内定したとの報道が一部であった。山本アナは市来から一切の報告を受けておらず「新聞見て初めて知った。経過とか全く本人から聞いたことなかったので、びっくりしましたね。あの記事が本当ならこのダンス企画はできなくなるってことですよね」と動揺した。

 約2年前にペア結成。山本アナは「これから上目指そうってなってたんですけどね」と落胆すると、肉体改造のため体重を14キロ増やしていたことを明かした。

 市来と報道後初対面。「今後、ダンスはどうするのか」と投げかけたところ、市来は「これからはちょっとできないかなって思いまして。学業の方を優先したい。次4年生になるので、4年間できちっと卒業したい。今回の決断というのはすごくつらい部分もあった。本当に申し訳ないんですけど、ついていくことができなくなった」と謝罪。ペア解消を余儀なくされた山本アナは「いろんな事情があるのかな…」と肩を落とした。

 突然のペア解散にスタジオもどよめき、山本アナは「別れ話は5分で終わって、去っていきました」と回顧。市来側の都合がつかなかったためレッスンも昨年11月頃から行っておらず「一切会えなくて。その時はなぜなんだろうって思いながら…」と話した。

 一連の騒動をうけ、MCの中居正広(44)は安住紳一郎アナウンサー(44)へ「これはすべて安住の監督不行き届き」と指摘。さらに中居は山本アナとともに頭を下げる安住アナに「まあまあ、“出家”していただきましょう」と冗談めかして笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年2月24日のニュース