小沢健二「フジロック出ます」 20年ぶり出演Mステでサプライズ発表!弘中アナもビックリ

[ 2017年2月24日 20:45 ]

シンガー・ソングライターの小沢健二(95年撮影)
Photo By スポニチ

 シンガー・ソングライターの小沢健二(48)が20年ぶりにテレビ朝日「ミュージックステーション」(金曜後8・00)に出演。「今年フジロックフェスティバルに出演します」とサプライズ発表した。

 オープニングにはシャツの上にカーディガン、メガネ姿で登場。司会のタモリ(71)から「小沢健二くん、20年ぶりです!」と紹介されると「なんか、前世に帰ってきたみたいです」と笑顔であいさつした。

 番組では名曲「ぼくらが旅に出る理由」と、19年ぶりシングルとなる最新曲「流動体について」をテレビ初披露した。歌唱前のトークで「テレビ朝日が変わっちゃって。いつの間にかこんなことに」とコメント。タモリとは昨年のライブで再会したと明かした。

 トークのラストで小沢は「あと、今年フジロックフェスティバルに出ます」と突然の発表。司会の弘中綾香アナウンサー(26)が「いま言っていいことなのですか?」と驚くと「わかりません。まだ発表されていませんが」と答え、スタジオにはどよめきが起こった。「(94年にスチャダラパーと共演したヒット作品)『今夜はブギー・バック』もやりますので是非」とアピール。独特な存在感を放つオザケンワールドは健在だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2017年2月24日のニュース