富美加 ベッキー騒動でLINE“封印”?「怖くなって」

[ 2017年2月24日 05:40 ]

清水富美加
Photo By スポニチ

 宗教法人「幸福の科学」に出家した女優清水富美加(22)が、昨年5月末頃にスマートフォンの会話アプリ「LINE」を使わなくなったことが23日、関係者への取材で分かった。

 昨年5月は、清水が同年1月まで不倫交際の関係にあった「KANA―BOON」飯田祐馬(26)への思いを捨てきれずに悩んでいた頃。その清水がLINEを“封印”したきっかけを、周囲は「ベッキーさんの影響では」と話している。

 「ゲスの極み乙女。」川谷絵音(28)との不倫交際の影響で休業していたベッキー(32)は、昨年5月13日に4カ月ぶりにテレビ出演。全国放送の番組で懺悔(ざんげ)した。ベッキーが窮地に追い込まれた一つの要因は、LINEの会話内容が流出したことだった。清水はベッキーが出演を見合わせた番組に後釜のように出演していたこともあり、周囲は「何か思うところがあって、LINEを使うことが怖くなってしまったのだろう」と話している。

 清水は周囲に「怖くなってLINEをやめた」と説明。父親が経営していたIT企業がサイバー攻撃を受けた影響で個人情報が流出したといい、「知らない番号から電話がかかってくる」と話していたという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年2月24日のニュース