波瑠4月クールで初の不倫ドラマ 「忘れられない人」と禁断の愛

[ 2017年2月24日 06:00 ]

TBS「あなたのことはそれほど」に主演する波瑠
Photo By 提供写真

 女優の波瑠(25)が、4月スタートのTBSドラマ「あなたのことはそれほど」(火曜後10・00)に主演する。不倫を軸にしたラブストーリーで、それに関わる夫婦や家族の姿を描く。波瑠は不倫ドラマに初挑戦となる。

 波瑠と東出昌大(29)、仲里依紗(27)と鈴木伸之(24)が演じる2組の夫婦を軸に物語が展開。波瑠は医療事務として働く美都役。病院の患者だった涼太(東出)に一目ぼれされて結婚するが、一方で中学時代に好きだった有島(鈴木)のことが忘れられずにいる。その有島と偶然再会。2人は“禁断の道”に足を踏み入れる。「忘れられない人」がいる大人の胸に突き刺さるような展開が待っている。

 美都は、大人の女性と少女らしさを兼ね備えた人物。中学時代、占い師に「2番目に好きな人と結婚したほうがいい」と言われ、有島と結婚できないと悟る。どこかで再会することを信じている乙女チックな一面を持ちながら、大人の女性らしい柔軟さや大胆さもある。プロデューサーはこの両面を波瑠が持っているとして起用。「楽しい時、悲しい時、困った時と表情がコロコロ変わる役柄。いろんな顔を見せてほしい」と期待を寄せる。

 波瑠は美都を「自分の憧れのようなものに、正しくはないと分かっていても突き進まずにはいられないような女性」と捉えている。初めての不倫ドラマに向けて「とても素直で愚かな彼女に共感したり、バカだなぁなんて思いながら見ていただけるように頑張りたい」と意気込んでいる。

 原作は「潔く柔く」など多くのヒット作を持つ漫画家・いくえみ綾さんの同名コミック。いくえみさんの作品がドラマ化されるのは初となる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2017年2月24日のニュース