海老蔵 新居探しの理由は麻央「やっぱり一番」「子供部屋も必要」

[ 2017年2月24日 14:35 ]

目録を受け取る市川海老蔵
Photo By スポニチ

 歌舞伎座3月公演「三月大歌舞伎」(3月3日初日)夜の部「助六所縁江戸桜」で主役・花川戸助六を演じる歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が24日、東京・築地で築地魚河岸会「江戸紫の鉢巻」の目録授受に出席した。イベント後の囲み取材では、新居探しをしている理由について「麻央のことが一番」と語った。

 公式ブログで新居探し中だとつづっており、報道陣に進捗状況を聞かれると「そうなんです。新居探しているんです。豊洲に!」と取材現場の築地と時事ネタを絡めて返答し、笑いを誘った。

 「やっぱりいろいろと仕切り直しをしたいですし、皆さんのおかげで我が家がどこにあるか分かってしまい…。きょうも家を出るときにおば様方が6名ほどいらっしゃって。ちょっと観光地化しているので。ちょっと困るでしょう?」と説明してから、妻で乳がん闘病中のフリーアナウンサー小林麻央(34)について触れ「やっぱり麻央のことが一番ですし、子供部屋もゆくゆくは必要ですから」と新居探しの最大の理由を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2017年2月24日のニュース