稲垣吾郎 解散後初ラジオ リクエスト受けSMAP曲、解散言及せず

[ 2017年1月5日 21:35 ]

SMAP解散を報じる本紙
Photo By スポニチ

 昨年末をもって解散したSMAPの稲垣吾郎(43)がパーソナリティーを務め、リニューアルされた文化放送「編集長 稲垣吾郎」(木曜後9・00)の初回が5日放送された。

 同番組は「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」から番組名を変更。この日2曲目にはリスナーのリクエストを受け、2012年にリリースされたSMAPの「Moment」(モーメント)を流した。

 番組を通して、SMAPや解散の話題についての言及はなかったが、SMAPの曲が流れたことで、ファンの間では「それだけで嬉しいし、ちょっと安心」「やっぱりSMAPの穴はSMAPでしか埋められない!」「元気出た」と喜びの声が多数上がった。

 草なぎ剛(42)と香取慎吾(39)がパーソナリティーを務めるbayfm「ShinTsuyo POWER SPLASH」の1日の放送でもSMAPや解散の話題について言及されることはなかった。

 一方、リーダーを務めていた中居正広(44)はニッポン放送の冠ラジオ番組「中居正広のSome girl’SMAP」の昨年12月31日の放送で、ほぼ全編解散について語り、最後は「慎吾!剛!吾郎!木村!SMAP!じゃあね、バイバーイ!」と絶叫。結成28年、デビュー25年の国民的グループに別れを告げていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年1月5日のニュース