武井壮 インドネシアで俳優デビュー「大旋風を巻き起こせれば」

[ 2017年1月6日 00:00 ]

インドネシアで俳優デビューする武井壮
Photo By スポニチ

 タレントの武井壮(43)がインドネシアで俳優デビューすることになった。首都ジャカルタの地上波テレビ局「JakTV」で8日から放送される恋愛ドラマ「Secret Sky」に出演する。

 同作は総務省の「放送コンテンツ海外展開総合支援事業」の一環として、TOKYO MXなどとJakTVが共同制作。撮影は昨年11月に日本国内で行われた。

 テーマは「運命の恋」。武井の役どころは主役の友人で、元不良のピアニスト役。最近ピアノを習い始めたという武井のマルチさが生かされた。主役には現地でいま最も勢いのある人気若手女優、キンバリー・ライダーを起用。若手俳優の紺野真(24)、柿本光太郎(22)も主演に名を連ねた。

 8日からJakTVの日本紹介番組「Japantry」で全8話を放送し、放送終了後には現地の映画館40館で「映画版」も上映される見込み。武井は以前にもインド映画「ミルカ」に日本人ランナー役でエキストラ出演しており、今回のインドネシア進出は、さらに活動の幅を広げていく足がかりとなる。武井は「ワクワクしながら撮影に挑みました。インドネシアで大旋風を巻き起こせればいいなと思っています」とブレイクに期待を込めた。

 日本ではTOKYO MXで2月から3月中に放送される予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年1月5日のニュース