星組新トップ、紅ゆずるが公開稽古「明るく楽しい、個性を大事にする組に」

[ 2017年1月5日 20:26 ]

6日からスタートする星組「オーム・シャンティ・オーム」公開稽古
Photo By スポニチ

 宝塚歌劇団の星組新トップスター紅(くれない)ゆずる、トップ娘役・綺咲愛里(きさき・あいり)のプレお披露目公演「オーム・シャンティ・オーム」の公開稽古が5日、東京国際フォーラムで行われた。

 同作は07年にインドで製作され、日本でも大ヒットした映画「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」のミュージカル版。人気女優シャンティ(綺咲)に恋する脇役俳優オーム(紅)が、別人に生まれ変わっても彼女への愛を貫く姿を描くハートフルコメディーで、これまでもアドリブで舞台をわかせてきた紅らしく、随所に笑いをちりばめ関係者とスタッフだけの客席からも笑いがもれる作品に仕上がった。

 生まれ変わっても「宝塚に入りたい」と話す紅は「コメディーなだけではなく“望めばかなう”という思いがこもったポジティブな作品。見てくださった方に“あ、私も頑張ろう”と思ってもらえる作品にしたい」と話していた。

 新トップとして新年のスタートを飾る紅だが「実感がそこまで強いわけではないけれど、責任は感じている。明るく楽しい、下級生にいたるまで個性を大事にする組にしたい」と決意を新たにしていた。

 同公演は6日〜18日。大劇場でのお披露目公演は3月10日、兵庫・宝塚大劇場で開幕するミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」(4月17日まで、東京公演は5月5日〜6月11日)。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年1月5日のニュース