ASKA「ミヤネ屋」で楽曲無断公開に「抗議」 芸能リポーターには「論外」

[ 2016年12月22日 22:00 ]

ブログを更新したASKA
Photo By スポニチ

 覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕され嫌疑不十分で不起訴処分となった歌手のASKA(58)が22日、自身のブログを更新。「どのワイドショーも、的を得てはいませんでした。芸能レポーターは、論外でした」と自身について評した芸能レポーターをばっさり斬った。

 芸能リポーターの井上公造氏(59)が11月28日、逮捕直前のASKAに電話取材。翌日の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月〜金曜後1・55)でそのやり取りが放送された。

 ASKAは井上氏が番組で話した内容について「僕を病気であるかのように、世間に広めました。僕は、彼とは面識がありません。電話で数回お話をさせていただいた程度です」と主張。さらにASKAと井上氏のプライベートな会話をテレビで公開されたことについても「こんなことが許されるでしょうか?」と憤慨した。

 未公開の楽曲を「ミヤネ屋」で流されたことについて、ASKAは番組内でも「曲流しちゃだめだって」と訴えたが、「先日、抗議の連絡をいたしました。こういう公の場で、こういう発言が不適切なことは重々承知しておりますが、これ以上の行為が行われないよう書かさせていただきました」と抗議したことを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年12月22日のニュース