原田悠里 有馬記念もサブちゃん愛馬ブラック「11・4万円を単勝に」

[ 2016年12月22日 14:35 ]

35周年記念イベントを行いサプライズの誕生ケーキを送られた原田悠里
Photo By スポニチ

 デビュー35周年の演歌歌手・原田悠里(61)が22日、結婚35年以上の夫婦35組を招いた「夢婚式パーティー」を目黒雅叙園で開き、ジャパンカップに続き有馬記念でも、師匠・北島三郎(80)の愛馬キタサンブラックの単勝に賭けると宣言した。

 ジャパンカップではキタサンブラックの単勝で勝負し、11万4000円をゲットした原田。有馬記念に向けて「そのお金はすべてプールしてあるので、全額をキタサンに賭けます。単勝です」とキッパリ。「神ってる今年でございますから、北島先生の今年のツキをこの日に集約してほしい」と期待を込めた。

 有馬当日は前回同様、テレビ観戦。「テレビの前で応援した方が縁起がいいと思って。(キタサン勝利で)先生が“まつり”を歌ったら、テレビの前で一緒に歌います」と話した。

 23日は62歳の誕生日。ファンからプレゼントを贈られ、「デビュー35周年で62歳。これだけ生きさせていただいて、ありがたいことです」と感激した面持ちだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年12月22日のニュース