平幹二朗さん急死 82歳…現在放送の“月9”にも出演

[ 2016年10月23日 23:00 ]

死去したことがわかった平幹二朗さん
Photo By スポニチ

 圧倒的な演技力で知られ、旭日小綬章を受賞した俳優の平幹二朗(ひら・みきじろう、本名同じ)さんが23日、亡くなった。広島市出身。82歳。葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。

 23日の午後6時半頃、家族が自宅を訪れたところ、浴槽の中で倒れているのを発見し、119番した。警視庁北沢署員が駆け付けたが心肺停止状態だったという。平幹二朗さんは1人暮らし。同署は事件性はないとみている。

 広島県出身。舞台や映画、ドラマで活躍し、生涯にわたり第一人者として君臨した。高校卒業後の53年に俳優座養成所に5期生として入所し、56年に俳優座入団。63年にフジテレビのドラマ「三匹の侍」に出演し人気を得た。NHK大河ドラマでも「樅ノ木は残った」(70年)「国盗り物語」(73年)に主演。「王女メディア」「近松心中物語」「NINAGAWAマクベス」など故蜷川幸雄さんの舞台にも数多く出演した。

 私生活では、84年に当時の妻だった女優佐久間良子(77)と離婚。俳優の平岳大(42)は長男。98年紫綬褒章。05年旭日小綬章受章。

 フジテレビ「カインとアベル」(月曜後9・00)に出演中の急死となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年10月23日のニュース