松岡茉優感激 イルカと再会「またコイツ来たな、と」

[ 2016年10月23日 05:30 ]

イルカショーを行う松岡茉優
Photo By スポニチ

 女優の松岡茉優(21)が22日、東京・しながわ水族館の1日館長を務めた。開館25周年の記念イベントの一環で、松岡はイルカショーにも参加。500人を超える超満員の観客から大きな拍手を浴びた。

 松岡は今年6月から9月にかけて放送されたNHK連続ドラマ「水族館ガール」で主演し、飼育員を熱演した。撮影場所は同館が中心だっただけに「戻って来られて本当に幸せ」と笑顔を見せた。イルカとも3カ月ぶりの再会。撮影中は演技と並行してイルカに芸を仕込む特訓の毎日だったが、この日のショーでは巧みにイルカを誘導し、特訓の成果を披露した。松岡は「またコイツ来たな、と思ってくれている気がした。びっしょびしょに濡れたけど、これもイルカたちの愛情ですね」と喜んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2016年10月23日のニュース