ザ・たっち、お化け屋敷でビビリまくり あの“ふたご芸”も披露

[ 2016年7月15日 13:45 ]

双子姉妹の霊に取りつかれたザ・たっちのたくや(左)とかずや

 梅田・茶屋町の夏の風物詩となっている「梅田お化け屋敷」(MBS主催)が15日、オープンした。

 今年で5回目を迎えたお化け屋敷。お化け屋敷プロデューサーの五味弘文氏(58)とMBSが仕掛ける今年の最新作は「ふたご霊」で、怖くてかわいい女子高校生の双子姉妹のお化け「ひとえ」「ふたえ」が来場者を恐怖のどん底に突き落とす。

 オープン初日の15日は双子のお笑いコンビ「ザ・たっち」が名誉応援双子としてゲストでお化け屋敷を体験した。NTT西日本などとのコラボで昨年から導入した“ビビリ度”解析はバージョンアップ。「ザ・たっち」の兄・たくや(33)は「今までに経験したことがないお化け屋敷」と体験直後は汗びっしょり。弟・かずや(33)は「ごめんなさい。ごめんなさい」と繰り返しながら出口から転がり出て「いろんな仕掛けが怖かった」。恐怖体験後は鉄板ネタの「幽体離脱」を披露した。

 2人とも仲良く“ビビリ度”は「62」で、担当者は「最大120。62なら“迷子の子供級”です」と微妙な評価を下した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年7月15日のニュース