おかずクラブ 同期横澤夏子とのブランチ隔週レギュラーに恨み節

[ 2016年4月2日 16:06 ]

TBS「王様のブランチ」新レギュラーとなり、番組収録を終えた綾部祐二(中央)とおかずクラブのオカリナ(左)とゆいP

 お笑いコンビ「おかずクラブ」がTBSの情報バラエティー番組「王様のブランチ」(土曜前9・30)の隔週レギュラーを務めることになり、初登場となった2日の放送後、報道陣の取材に応じた。

 番組は放送20周年となり、4月から21年目に突入した長寿番組。この4月からの新レギュラーとしておかずクラブとお笑いタレントの横澤夏子(25)が隔週レギュラーとして登場。お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二(38)が午後の2部レギュラーとして参加することになった。

 放送を終えたゆいP(29)が「あっという間の4時間でした。めっちゃ楽しかった」と安どするも、オカリナ(31)は「やる前は大丈夫かなとも思っていた」と本音もチラリ。ゆいPもそんな相方に同調しつつも「1回しか出たことがなくて、それも半年前ぐらいで、ずっと音沙汰なくて、急に来てくださいって言われたから。出てやろうかと。毎週じゃねぇのかよってね。なーんちゃって。私たちのための番組といっても過言ではないですね」と抜てきに喜びつつも、まくし立てて笑わせた。

 番組MCの谷原章介(43)とのコンビネーションについて、ゆいPは「谷原さんが番組中に新川(優愛)さんにいろいろとちょっかいを出していたので『スケベジジイ』って言ったらその言葉を気に入ってくださって。まんざらでもないんだと思って、やりやすいなと」とニヤリ。オカリナも「懐に潜り込んだ感がありますね」と仲間入りに手応えを感じたようだ。

 事務所の先輩であるピース綾部との共演も見どころ。「私たちがのびのびやる現場で綾部さんがポンポン突っ込んでくださるので本当にやりやすかった。信頼感があるというか、やりやすい。私たちはどっちもツッコミができないので」と苦笑したゆいP。同期の横澤との隔週出演には「私たちは1年間かけてブランチのレギュラーを勝ち取ったんですけど、横澤さんは急に出てきてなっちゃった。何の苦労も知らないんじゃないかな、前途多難といいますか、頑張ってください」と恨み節も「隔週でちょうどいいんでしょうね」と開き直り、笑わせた。

 オカリナは「生放送なのにこんなに温かくやっているんだなって。生放送は忙しそうなイメージだったから、日だまりような現場でしたね」と現場の雰囲気に安心した様子。ゆいPも「リハーサルでスタッフの方が和気あいあいとしていて、聞いたらスタッフの中で恋愛もあるらしくて。私たちもあるんじゃないかって期待している。ブランチラブ、良い報告ができれば」とプライベートでの春到来にも期待を寄せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月2日のニュース