文枝 スキンヘッドで登場も「そのためじゃない」 自らネタに

[ 2016年4月2日 07:13 ]

桂文枝

 落語家の桂文枝(72)が1日、大阪・天満天神繁昌亭で100回目となる「創作落語の会」を開き、自身261作目の新ネタ「昔は良かったDAY」を披露した。

 髪をすべてそり上げたスキンヘッドで登場したが、「(NHK大河ドラマ「真田丸」で演じる)千利休役のため」と説明。不倫騒動が長引く自身の状況をネタに「記念すべき回にこんな微妙な形で出なあかんって…」と嘆き節で笑わせ、「そのためにこういう頭をしてるわけじゃない」と重ねて釈明した。

 同会については「ずっと続ける」と宣言した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月2日のニュース