「遊☆戯☆王」12年ぶりジャンプ召喚 劇場版公開直前、読み切りで

[ 2016年3月15日 06:41 ]

「遊☆戯☆王」が読み切りで復活。(左から)海馬瀬人、武藤遊戯(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社

 「遊☆戯☆王」が週刊少年ジャンプ(集英社)に前後編読み切りで帰ってくる。4月11日発売の19号と同18日発売の20号に登場。連載開始から20年を経て誕生する劇場版「遊☆戯☆王 THE DARKSIDE OF DIMENSIONS」(4月23日公開)が原作の1年後を舞台としていることから、最終話と劇場版へのつなぎの挿話が描かれる。

 漫画「遊☆戯☆王」は96年9月14日発売号~04年3月8日号に343話が掲載された。完結から12年の月日を経て、原作者の高橋和希氏(52)が自ら腕をふるい、劇場版への期待をあおる。前編掲載の19号にはオフィシャルカードゲームの流星方界器デューザのカードが付録として付く。ファンにはお宝になりそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年3月15日のニュース