映画興収の総額は歴代2位 洋画が前年比12.1%増と好調

[ 2016年1月27日 05:30 ]

 日本映画製作者連盟(映連)は26日、2015年の映画概況を発表した。

 邦画と洋画を合わせた興収の総額は前年比4.9%増の2171億1900万円で、過去最高だった10年(約2207億円)に次ぐ歴代2位を記録。ハリウッド大作の続編が相次ぐなど、前年比12.1%増となった洋画の好調が影響した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月27日のニュース