橋口監督 無名俳優に光!さすがの演出力 主演トリオが祝福

[ 2016年1月27日 05:30 ]

監督賞を受賞した橋口監督(左から2人目)を祝福する池田良(左端)、成嶋瞳子、篠原篤(右端)

第58回ブルーリボン賞・監督賞

 「恋人たち」の橋口亮輔監督(53)が監督賞を受賞。通り魔に妻を殺された男、突然現れた男に身を委ねる主婦、親友への思い断ち難くもんもんとした日々を送る同性愛者の弁護士…。ひたむきに生きる3人を描いた人間ドラマだ。

 前作「ぐるりのこと。」ではリリー・フランキー(52)に新人賞をプレゼント。あれから7年。今回も無名俳優に魂を吹き込んだ演出力は圧巻だった。「3つの小さな話を紡いで、今の日本を描こうと思った」と話し、詐欺被害に遭い人間不信に陥った自らの絶望感もダブらせた。篠原篤(32)、成嶋瞳子(42)、池田良(38)の主役トリオが祝福に駆けつけ笑顔。次作のテーマは「堕落」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月27日のニュース