大助・花子 大病、離婚危機乗り越え「今が幸せ」今春結婚40周年公演

[ 2016年1月27日 18:01 ]

結婚40周年を迎える宮川大助・花子の花子(左)と大助

 夫婦漫才の宮川大助・花子の結婚40周年記念公演「花咲村の妖精」(4月9日、なんばグランド花月)の記者発表が27日、大阪・ミナミの吉本興業本社で行われた。1976年4月9日が結婚記念日の宮川大助(66)と花子(60)。「4月9日。死ぬまで苦しむということ」と花子が笑いを誘ったが、今年で40周年を迎える。

 79年にコンビ結成。ともに大病し片方が休養することもあり、また、漫才の練習がハード過ぎて離婚の危機を迎えたことも。一度は花子が離婚届を叩きつけたこともあったが「乗り越えて40年。あっという間だった」と大助。「長かった。今が一番幸せ」と白雪姫の衣装で登場した花子はのろけてみせた。数少ない現役夫婦漫才としてここまでたどり着いた。

 今回、結婚40周年を記念して、昨年公演のミュージカル「花咲村の妖精」を一部追加、変更。「最後ぐらいのつもりでやりたい」と大助。最後は夫婦漫才で締めくくる。チケットは前売り4000円、当日4500円で、先行販売が1月28~31日、一般発売は2月4日から。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月27日のニュース