佐々木健介 告知受けた北斗晶への心配の声に「生存率もグンと…」

[ 2015年10月4日 15:30 ]

乳がん手術を受けた妻・北斗晶(右)を支える佐々木健介

先月24日に乳がんで右乳房全摘出手術を受けた北斗晶(48)の夫で元プロレスラーの佐々木健介(49)が4日、ブログを更新。前日3日に退院した北斗が自宅の台所に立つ様子を紹介したほか、50%と告げられた5年生存率について「術後は癌を取って生存率もグンと上がったと先生も言ってくれてる」とその数字が上昇したことを伝えられていることも明かした。

 ブログでは台所で味噌汁を作る北斗の画像をアップし「んーーー女房が台所に立ってるって、やっぱり良いな」と感慨深げにつづった健介。「無理しないでくれって言っても、ご飯は作りたいんだって。子供達に久々に作って食べさせたいんだって」と、北斗が率先して主婦業にいそしんでいることを伝えた。

 また、前日の会見で明かした「5年の生存率50%」については、手術前の説明の中で受けた告知だったことを説明。周囲の心配の声に応えるように「術後は癌を取って生存率もグンと上がったと先生も言ってくれてる」と報告し、「会見での言葉足らずが、大きな心配をかけてしまってすみません」と謝罪の言葉も。

 あらためて「信頼する主治医の先生と共に頑張っていくつもりです」と、夫婦での共闘を宣言。最後は「今日のご飯は何かな~」と明るく締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年10月4日のニュース