佐々木健介 愛するチャコを「家族みんなで支えていく」

[ 2015年10月4日 05:30 ]

会見に臨む佐々木健介(左)と北斗晶夫妻
Photo By スポニチ

北斗晶、退院会見

(10月3日)
 先月24日に乳がんで右乳房の全摘出手術を受けた元女子プロレスラーでタレントの北斗晶(48)が3日退院。夫の佐々木健介(49)とともに埼玉県吉川市の事務所で会見した。

 【北斗と健介に聞く】

 ――現在の状況は?

 北斗 右脇の感覚はない。リハビリで治したい。

 ――乳がんと分かってどう思った?

 北斗 毎年、検査を受けていたし、私の家族や親戚に一人も乳がんになった人がいないので、まさかと思った。

 ――ファンにひと言。

 北斗 ブログにたくさんメッセージをもらった。怖さと不安で真夜中に眠れない時に支えてもらった。

 ――世の女性に伝えたいことは?

 北斗 痛いから検査に行かない女性が多いけど、マンモグラフィーなんて手術の痛みや、胸をなくすショックに比べたら痛くもなんともない。

 ――妻をどう支える?

 健介 (苦しい時は)我慢しないでほしい。家族みんなで支えていく。

 ――妻はどんな存在?

 健介 チャコ(北斗)がいないと生きていけない。少しでも一緒にいたい。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年10月4日のニュース