大久保佳代子 27時間マラソンで涙した理由“ある感情”が… 

[ 2015年8月8日 21:00 ]

フジテレビ「FNS27時間テレビ2015」でマラソンランナーを務めた大久保佳代子

 7月25日から26日にかけてフジテレビ「FNS27時間テレビ2015」内で27時間マラソンを完走したお笑いコンビ「オアシズ」の大久保佳代子(44)が8日放送の「めちゃ×2イケてるッ!」に出演。完走直後、達成感とは別の感情があふれて号泣したと明かした。

 大久保は2日かけて88キロを完走。番組では猛暑の中で走る姿や、スタッフに車で休むよう促されるも、別のスタッフに“やらせ”と言われるので乗っちゃダメだと言われて、路上で倒れ込んで休憩するシーンが流れた。

 挑戦前には「これまでテレビで泣いたことがなかったかもしれない」と話していた大久保だったが、完走後には号泣。「2ケ月半前からスタッフが本当に支えてくれて。人って動いてくれるんだな。人っていいなって思った。人間を取り戻した期間でした」と人の温かさに触れて涙したと語った。

 番組最後には「44歳には過酷だった。ギャラは相当いただきますよ」と毒づき、出演者の笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年8月8日のニュース