阿川佐和子さん 父の“最期”語る 前夜にローストビーフ3枚食す

[ 2015年8月8日 05:30 ]

父・弘之さんへの思いを明かした阿川佐和子さん

 3日に94歳で死去した作家の阿川弘之さんの長女でエッセイストの阿川佐和子さん(61)が7日、新潮社を通じて「立派な大往生だったと思っております」などとするコメントを発表した。

 亡くなる前日の様子について「私が持っていった薄切りのローストビーフを3枚たいらげ、“次はステーキが食いたい”とつぶやいて、にんまり笑ったりしておりました」と説明。「体が弱り切っても、頭の中は“うまいものが食いたい”という意欲を捨てなかったのはいかにも父らしい」とつづっている。

 みとったのは、長男で法学者の尚之さんで、「苦しい」が最後の言葉だったが、穏やかな様子で息を引き取ったという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年8月8日のニュース