ガンダム、ヤッターマンのメカデザイナー大河原邦男氏が個展

[ 2015年8月8日 05:30 ]

8日から始まる「大河原邦男展」を前に、思いを語ったメカニックデザイナーの大河原邦男氏

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」や「ヤッターマン」など多くのアニメでメカニックデザインを手掛けた大河原邦男氏(67)の個展が、8日から東京・上野の森美術館で始まる。

 1972年放送の「科学忍者隊ガッチャマン」で、日本初のメカニックデザイナーとしてデビューし、今年で43年。約50作品のロボットデザイン画や設定画など計500点を展示。会見した大河原氏は「この仕事をここまで続けられただけで幸せ」と笑顔で話した。9月27日まで。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年8月8日のニュース