関ジャニ丸山 ゾンビになって仲間のイベント乱入

[ 2015年8月8日 05:30 ]

 関ジャニ∞が7日、東京都港区のホテル日航東京で行われた森永製菓のハイチュウ40周年「お台場チュウ園地」開催記念発表会に出席した。

 12日の「ハイチュウの日」から来月13日までの期間限定で、お台場の人気3アトラクション「東京レジャーランドパレットタウン店ボウリング」「パレットタウン大観覧車」「お台場デックス東京ビーチ台場怪奇学校」とハイチュウがコラボ。ミッションをそれぞれクリアすると「ハイチュウ」が1本プレゼントされる。

 この日は各アトラクションの魅力をメンバーがプレゼンテーション。スコア40ピッタリを目指す「ハイチュウボウリング」を村上信五(33)と錦戸亮(30)が、観覧車に乗っている間にメンバーのパネルを探し隠されたメッセージを当てる「かくれんぼ観覧車」を横山裕(34)と安田章大(30)が紹介した。

 ラストの「ハイチュウコラボお化け屋敷 台場怪奇学校~よみがえる40年の怨念~」は渋谷すばる(33)、大倉忠義(30)がPR。大倉がストーリーを説明する中、会場内が突然暗転。直後に後方の扉からゾンビが乱入してきた。

 一時騒然となるも、その正体は仕事のため欠席と伝えられていた丸山隆平(31)と発覚。特殊メークを施された丸山はカメラに向かってポーズを決めたり、ピースサインをするなどノリノリ。「サプライズでみんなを驚かせに来た。憧れのゾンビになれてうれしい」と語り、満足そうな笑みを浮かべた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年8月8日のニュース