柴咲コウ主演「○○妻」最終回は14・7%

[ 2015年3月19日 10:00 ]

日本テレビ「○○妻」主演の柴咲コウ

 柴咲コウ(33)主演の日本テレビ系連続ドラマ「○○妻(まるまるづま)」(水曜後10・00)の最終回が18日に放送され、平均視聴率は14・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。最終回は10分拡大で放送された。

 初回14・4でスタートし、第2話で15・2%と初めての15%超えを記録。その後も第3話で13・9%、第4話15・2%、第5話14・7%、第6話13・3%、第7話14・3%、第8話12・9%、第9話13・9%と好調に推移した。全10話の平均は14・3%だった。

 夫には献身的に尽くす理想的な妻でありながら、ある秘密を抱える“○○妻”なヒロイン・ひかりの姿を描く。同枠の大ヒット作「家政婦のミタ」(2011)の脚本で知られる遊川和彦氏が書き下した究極のラブストーリー。人気のニュースキャスターであるひかりの夫を東山紀之(48)が演じた。その他の出演は、城田優(29)、蓮佛美沙子(23)、奥貫薫(44)、平泉成(70)ら。

 最終回は、辛い過去を乗り越え、ようやく正式に結婚し、新生活を始めたひかりと正純(東山)。しかし、結婚式の前日、不幸が訪れる。正純が不良高校生に絡まれ、正純をかばったひかりは意識不明の重体に陥ってしまう。板垣(城田)は正純に「ニュースライフ」で事件のことを語ってほしいと依頼して…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年3月19日のニュース