シャープ、3千人希望退職を募集へ 国内の1割超

[ 2015年3月19日 09:00 ]

 経営再建中のシャープが、2015年度中に3千人規模の希望退職を募集する方針を固めたことが19日、分かった。主力の液晶事業などの不調により、15年3月期連結決算で2千億円近い赤字が避けられないため、大規模な人員削減を進める。

 国内のグループ従業員約2万4千人の1割超に相当する人数となる。経営危機に陥った12年に実施した希望退職と同程度の規模。退職金などにかかる費用は約300億円とみられる。海外でも人員を削減する方向だ。

 シャープは主要取引銀行のみずほ銀行と三菱東京UFJ銀行に金融支援を要請しており、銀行側から経営の立て直しに向けた抜本的なリストラ策を求められていた。既に銀行側に削減の方針を伝えたもようだ。

 シャープは国内従業員の賃金カットなども実施し、固定費を削減する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年3月19日のニュース