堂本光一「続けられないです」帝国劇場事故後ファンに説明

[ 2015年3月19日 18:38 ]

事故後、ファンでごった返す帝国劇場周辺

 「KinKi Kids」の堂本光一(36)が主演を務めるミュージカル「Endless SHOCK」昼の部(午後1時開演)を上演中の帝国劇場(東京都千代田区)で19日午後4時ごろ、セットが倒れる事故があった。

 高さ7メートル、幅3メートル、重さ800キロのLEDパネルが倒れたとみられる。運営会社によると、出演者(ダンサー)5人とスタッフ1人、20~40代の男性が重軽傷を負ったとみられ、警視庁が調べている。うち1人が重症というが、命に別条はない。

 観客によると、幕が下りた後、支配人が公演中止を告知。光一も「続けられないです」とファンに説明したという。

 事故が起きたのは終盤で、公演は中止に。客席には満員の約1900人がいたが、ケガ人はないという。

 舞台は光一のライフワーク。2000年に初演。05年から「Endlles SHOCK」と名前を変えた。上演回数は1200回を超え、単独主演の舞台としては森光子さんの「放浪記」に次ぐ記録となっている。

 今年15周年を迎えた。2月3日に初日。公開稽古後に「そんなにやってきた感じはないですが、年齢だけは重ねたかな。21歳で始めた時より体は動くんだけど、回復力はなくなってきてる」と振り返った。今月31日に千秋楽を迎える。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年3月19日のニュース