川本真琴 過去のパニック症を告白「1年は家から出れなかった」

[ 2015年3月9日 18:59 ]

川本真琴(2000年撮影)

 「DNA」「1/2」「桜」などで知られるシンガー・ソングライターの川本真琴(41)が9日、自身のツイッターを更新。過去にパニック症を患ったことを告白した。

  「私ね、16年くらい前にパニック症になって、それから1年は家からあまり出れなかったんだ。ご飯も食べれなくて、緊張するし、つらくなる。前よりは全然治ってる」「あ、桜のツアーって17年前か?自分の歳が分からんくなってきているw」

 1998年5月の全国ツアー後に体調を崩し、しばらく休養したが、この時期を指すとみられる。

 その後、2000年12月に2年半ぶりのライブ。01年10月、9枚目のシングル「ブロッサム」を発表したのを最後に表舞台から離れた。06年1月、川本真琴名義の活動を封印すると宣言。同年7月に5年半ぶりのCDをリリースし、本格的に音楽活動を再開した。

 14年7月にフジテレビ「僕らの音楽」に出演し、デビュー曲「愛の才能」を披露。13年ぶりの地上波登場は大きな話題を呼んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年3月9日のニュース