SKE大矢真那ら 学業との両立の苦労告白「融通が利く学校ない」

[ 2015年3月9日 14:48 ]

トークイベントに登場したSKE48の(左から)大矢真那、斉藤真木子、須田亜香里

 映画「アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48」のヒット御礼トークイベントが東京都内で開かれ、SKE48の大矢真那、斉藤真木子、須田亜香里が、アイドル活動と学業の両立の苦労話を披露した。

 名古屋を拠点に活動するSKEメンバーの悩みについて、大矢が「東京のように、芸能活動で融通が利く学校がないんです」と話すと、斉藤と須田は何度もうなずいた。

 大阪府出身の斉藤は「名古屋の高校に進学しようとしても受け入れてもらえず、三重県の高校に入学したんです。毎朝4時に起きて新幹線通学してました」と明かした。

 須田も「高校3年の秋にオーディションに受かったら、校則違反で推薦の内部進学を取り消されちゃった。勉強しなおして大学を一般受験しました」と告白。斉藤が「悪い子だったんじゃないの?」とちゃかすと、須田は「校内では、膝下スカートがモットーで、『学校のかがみ』と呼ばれてたよ」と胸を張った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年3月9日のニュース