たけし、8・6秒バズーカーにダメ出し「バカ大学の文化祭」

[ 2015年3月9日 05:40 ]

ビートたけし

 「ラッスンゴレライ」のリズムネタで人気上昇中のお笑いコンビ「8・6秒バズーカー」が8日に放送されたTBS系「北野演芸館9~たけしが本気で選んだ芸人大集結SP~」(後10・00)に登場したが、司会のビートたけし(68)から「バカ大学の文化祭」と“ダメ出し”された。

 たけしが演芸場の支配人に扮し、「本気で選んだ芸人」たちのステージを見せる趣向の番組。8・6秒バズーカーは、面白くなければネタの途中でもたけしが容赦なく幕を下してしまうというルールの「カーテンコーナー」に登場した。

 いつも通りの赤い衣装でステージに上がったはまやねん(23)と田中シングル(24)は、元気いっぱいに「ラッスンゴレライ」「ちょっと待って、ちょっと待ってお兄さん!」とおなじみのフレーズを披露したが、たけしがわずか30秒でボタンを押してネタ終了。「バカ大学の文化祭じゃないんだから」と斬って捨てると、スタジオ内の芸人たちは大笑いした。

 “副支配人”のガダルカナル・タカ(58)が「これから多分良くなるんですって。あのリズムがどんどん入ってきて“ラッスンゴレライ”がどういう意味なのか分かってくるんじゃないですか?」とフォローすると、たけしは「じゃあ、次の時出そう」と一言。ブレーク中の若手のネタは心に響かなかったようだが、番組のラストで2人がネタの続きを披露すると「あのノリが必要なんだな」とコメントしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年3月9日のニュース