小向美奈子被告が保釈「申し訳ない気持ちでいっぱい」

[ 2015年3月9日 11:46 ]

涙を浮かべながら集まった報道陣に向かって話す小向美奈子被告

 2月、東京都内の自宅で覚せい剤を所持していたとして同容疑(所持)で逮捕、起訴され、3月に 使用容疑で追送検されたタレントの小向美奈子被告(29)が9日、保釈金200万円を納め、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。

 髪を後ろで束ね、眼鏡をかけ、黒いミニコート、白いミニスカートにロングブーツ姿。待ち構えた報道陣約30人に深々を頭を下げ「このたびはお騒がせして本当にすみませんでした。そして、仕事の関係者、友人、支えてくれた人にも申し訳ない気持ちでいっぱいです」と語った。

 コメントは「裁判が終わってからしたいと思います」と語り、報道陣の問いかけには何も答えず。目頭を押さえる場面もあり、関係者の用意した車で湾岸署を後にした。

 小向被告は09年、11年に続き、同じ容疑で3度めの逮捕だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年3月9日のニュース