栗田貫一 モラハラ!?16歳年下妻に暴言連発 離婚話に「上等」

[ 2015年3月9日 19:25 ]

栗田貫一

 「ものまね四天王」の1人、栗田貫一(57)が9日放送のTBS「私の何がイケないの?」(月曜後7・00)に出演。2004年に結婚した妻で女優の大沢さやか(41)に対する超亭主関白ぶりが明らかになった。

 結婚11年目、4歳の長女がいる夫妻。今回がバラエティー番組初共演となった。

 夫妻の買い物などに密着ロケ。大沢が服を選んでいると、栗田は5分でしびれを切らし「早く買えよ、おまえ」と声を荒げる。また、別荘でものまねの練習時、大沢が「自分で歌ってみて」と言うと、栗田は「うるせぇ。練習にならねぇじゃねぇか」と一喝した。

 「男らしいし、常にリードしてくれて、私を引っ張っていってくれる」と結婚した大沢だが「ただ、最初より随分、生活していく上で言葉がきつくなってきているので、どのくらい今、私のことを大事に考えてくれているのか確認したいと思っています」と離婚ドッキリを仕掛けることにした。ロケが終了したフリをしてスタッフは引き揚げ、2人きりに。大沢は「離婚も考えるぐらい、乱暴な言葉遣いをやめてほしい」と訴えた。

 すると、栗田は「あぁ、いいよ、別に。上等なんだよ。全然いいですよ。逆に本当に1人にさせてくれ。怒んなくて済むし。イライラしなくて済むし」と、まさかの反応。離婚が成立してしまうと、スタッフが慌ててネタばらしをするほどだった。

 離婚を切り出されても反省のない栗田に、スタジオの西川史子(43)らは「たくさん慰謝料を頂いて、早く別れるのがいい」と説教。栗田は「結婚してから一度も浮気したことがない。この人以上にいい女がいない」と愛情を示したが、番組による離婚危険度は40%と診断された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年3月9日のニュース