クリス松村、大滝さんは「日本のJ-POP界の始まり」

[ 2013年12月31日 13:49 ]

 フィットネス・インストラクターでタレントとしても活動する、クリス松村(年齢非公表)が31日、自身の公式ブログを更新し、ミュージシャンの大滝詠一さん(享年65)の死を悼んだ。

 「大滝詠一さんが・・・逝去なさった・・・そんなバカな・・・。信じられません」と絶句。

 昭和歌謡史に詳しいクリスは大滝さんを「日本のJ-POP界の始まりを作られた方です」と表現。「山下達郎さんも大滝さんのレコード・レーベルからデビューされました。松田聖子さん、山口百恵さん、薬師丸ひろ子さん・・・」と関わった歌手の名を挙げ、さらに「ご自身のアルバム『A LONG VACATION』は、歴史的大ヒットアルバムであり、日本初のCDであり、ミリオンセラーであり・・・大滝さんの音楽の功績は計りしれません」と故人の功績をたたえた。

 「未だに信じられません。ショックです。ご冥福をお祈りいたします」と結んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年12月31日のニュース