大木伸夫氏が死去 演歌歌手で浪曲協会名誉顧問

[ 2013年12月31日 05:30 ]

 演歌歌手の大木伸夫氏(おおき・のぶお=日本浪曲協会名誉顧問、本名川内優=かわうち・まさる)が30日午後0時5分、間質性肺炎のため東京都日野市の病院で死去。88歳。佐賀県出身。葬儀・告別式は近親者のみで執り行う。喪主はマネジャー高橋(たかはし)ひろみ氏。

 浪曲師から演歌歌手に転身した。代表曲は「涙の酒」「独航船」など。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2013年12月31日のニュース