あまちゃん企画 「スナック梨明日」で極秘リハ 能年「気合入ってます」

[ 2013年12月31日 07:07 ]

出演者顔合わせで驚いた表情を見せる能年怜奈(左)。右は綾瀬はるか、中は有働アナウンサー

第64回NHK紅白歌合戦リハーサル

(12月30日 東京・NHKホール)
 今年の紅白の目玉の一つ、前期の大ヒット朝ドラ「あまちゃん」企画の極秘リハーサルが30日、NHKホール近くのスタジオで行われた。

 ヒロインの能年玲奈(20)、母親役を演じて、25年ぶりに紅白に出場する小泉今日子(47)のほか、杉本哲太(48)、荒川良々(39)、小池徹平(27)、吹越満(48)、渡辺えり(58)ら出演者がスタッフに守られながら到着した。

 本番のステージは、ドラマと同じく宮藤官九郎(43)が脚本を担当し、芝居と歌を織り交ぜた構成。荒川がリポーターに扮するVTRの後、劇中に登場した「スナック梨明日」が舞台の特別編が展開される。

 関係者によると、リハーサルは終始和やかなムード。能年が「遅ればせながらクリスマスプレゼントです」と紙袋を手渡すと、小泉が「うれしい!」と大喜びするほほ笑ましい場面も。夜には非公開でNHKホールで歌の部分のリハも行った。

 能年は紅白PR大使として、本番の随所に登場する。この日公開されたNHKホールのリハーサルではエンディングの得点集計の手伝いなどを行い「緊張しました。本番へ向けて気合が入っています」と笑顔で話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2013年12月31日のニュース