山崎豊子さんの作品を緊急増刷 読者の反響大きく

[ 2013年10月1日 13:08 ]

新潮社と文芸春秋が増刷する山崎豊子さんの文庫

 スケールの大きな社会派小説で知られる人気作家山崎豊子さんの訃報を受け、新潮社と文芸春秋が「読者の反響が大きい」と、山崎さんの著作本の緊急増刷を決めたことが1日、分かった。

 新潮社は「女系家族」「白い巨塔」「華麗なる一族」「沈まぬ太陽」などの文庫を計約30万部増刷することを決定した。

 文芸春秋も「大地の子」の文庫版全4巻を計12万部、山崎さんが執筆取材を振り返った「『大地の子』と私」を1万部増刷することにした。

 一方、東京都内の書店では、山崎さんの本を買い求める客が多く訪れ、品切れ本も続出しているという。

 紀伊国屋書店新宿本店の担当者は「いま本を発注しており、近く追悼コーナーを設けたい」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年10月1日のニュース