篠田麻里子 卒業後初ドラマで教師役「仕上がりが楽しみ」

[ 2013年10月1日 07:26 ]

フジテレビ「海の上の診療所」の第2話で島の小学校教師を演じる篠田麻里子(左は主演の松田翔太)

 タレントの篠田麻里子(27)がフジテレビ「海の上の診療所」(14日スタート、月曜後9・00)で、7月のAKB48を卒業後初めてドラマに出演する。

 松田翔太(28)主演で、瀬戸内海の離島をめぐる若手医師が恋に仕事に奮闘する物語。篠田は21日放送の第2話のマドンナの島の小学校教師役。9月上旬に香川・小豆島で撮影した。

 「演じることは得意ではないので、自分の出演した作品を見ようとはなかなか思えなかったんですけど、今回は初めて自分が出ているものを見たい、仕上がりが楽しみと思えました」と、熱演に自信をのぞかせている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年10月1日のニュース