グリム返し!?アニマル浜口氏大暴走!まさかの「半沢直樹」便乗PR

[ 2013年10月1日 14:40 ]

米国ドラマ「グリム」ブルーレイ&DVDリリース記念イベントで“グリム返し”と連呼して手首をぐるぐるする(左から)小島よしお、浜口京子、アニマル浜口氏
Photo By スポニチ

 ロンドン五輪女子レスリング代表の浜口京子(35=ジャパンビバレッジ)と元プロレスラーの父・アニマル浜口氏(66)が1日、都内で行われた米国ドラマ「グリム」のブルーレイ&DVDリリース記念イベントに、お笑いタレントの小島よしお(32)とともに登場した。

 全米で大ヒットし、10月からはシーズン3もスタートする米国ドラマ「グリム」はグリム童話の作者・グリム兄弟の末裔である捜査官ニックが連続猟奇殺人事件に挑み、モンスターとの闘いを繰り広げるダークアクション。“ミス グリム”に就任した京子のサポートのために登場した浜口氏は「主人公がいい男。世界が虜になる。1話完結なんだ、なんだいったい。怖いけど、面白い。俺のお嫁さんにいいかもわかんないな」とテンションを上げ、笑わせた。

 前半は京子、小島とともに商品のPRを続けた浜口氏だったが、突然「グリムパワーだ!」「グリム返しだ!」と連呼。フォトセッションになっても、その暴走は止まらず、手首をぐるぐる回し、2人を巻き込み、「グリムグリム返し。グリグリグリグリグリ返し」と繰り返し、集まった報道陣をア然とさせた。

 そんな浜口氏に小島が「『半沢直樹』にかけてるんですか?倍返しですか?やっと気付いた」と指摘。「分かってなかったね、最初。小島くんが気付いてくれた。面白いだろ?」とご満悦になった浜口氏を横目に、小島は「まさかの『半沢直樹』とかけてた。ウソだろと思った」と苦笑いだった。

 小島にネタをムチャぶりするなど、浜口氏の暴走は続き、小島は「よくわからないままやらされている。もう慣れてきましたけど、苦手というか、自分のモンスターって設定でありながら、マジモンスターが入ってたなと思った」と最後までタジタジだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年10月1日のニュース