腕に自信あり!園山真希絵 「第2の故郷」の和菓子店で再出発

[ 2013年5月30日 15:48 ]

「恵比寿鯨祭」記者発表会でクジラのアクセサリーをつけて登場した園山真希絵

 料理研究家の園山真希絵(35)が30日、東京・恵比寿で行われた「恵比寿鯨祭(げいさい)」記者発表会に出席した。

 恵比寿の飲食店21店舗が鯨のオリジナルメニューを提供するイベントが、6月1日から9月4日(鯨の日)まで開催。「鯨の竜田揚げが大好き。今より太ってたので(給食では)鯨が食べられない子の分まで食べてた」とエピソードを披露した。

 恵比寿鯨祭親善大使に選ばれ、思わず実家の神棚に手を合わせたという園山。恵比寿内で3度引っ越しを重ねており「恵比寿は大好きな街。私にとって第2の故郷」。離れられない理由は「相性だと思うんですよ」。この日は新しい鯨レシピを次々に提案し「全ての良さを見いだせる。あのクセのある鯨を再生させられる」と胸を張った。

 俳優塩谷瞬(30)の二股騒動から1年。今年2月には自身が経営する料理店「園山」が閉店したが、7年の定借物件だったため閉じたと説明した。しかし、6月下旬には豆を専門とした和菓子店「園山~ebisusonoyama~」が新規オープン予定。報道陣にも同店のお土産が配られた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年5月30日のニュース