劇団ひとりは断れない性格 プライベートは「誰とでもキス」

[ 2013年5月30日 17:58 ]

映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」完成報告会見で(左から)紗倉まな、葵つかさ、みひろに囲まれる劇団ひとり(中央)後列はおぎやはぎの小木博明(左)と矢作兼
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの劇団ひとり(36)が30日、都内のテレビ東京のスタジオで行われた初主演映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」(監督佐久間宣行)完成報告会見に出席した。

 同局の人気バラエティー番組「ゴッドタン」で、セクシーアイドルに誘惑されながら芸人たちがアドリブで芝居をし、キスを我慢し続ける名物企画。キス我慢を極めるひとりだが「仕事以外だったら誰とでもキスします。キスはせがまれれば断れない性格」。一方、お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼(41)は「飲み行ってやらしい子がいるとね。我慢しなくていいんですよね、酔っ払ってる時って」と明かした。

 本作はテレビ番組と同様に台本なしの全編アドリブ。小木博明(41)は「劇団ひとりは天才。女性陣もすごい。僕らでも台本あるんじゃないかと思っちゃうくらいすごい」と持ち上げた。6月28日公開。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年5月30日のニュース