森田知事 相澤さんに笑顔で最後の別れ

[ 2013年5月30日 06:00 ]

弔辞を述べる森田健作千葉県知事

 すい臓がんのため23日に83歳で亡くなった芸能事務所「サンミュージック」の会長、相澤秀禎(あいざわ・ひでよし、本名與四郎=よしろう)さんの葬儀・告別式が29日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。弔辞を述べた所属第1号の森田健作千葉県知事(63)は「来世も必ず会いましょう。今度は私が思いっきり、恩返しします」と恩師の教え通り笑顔で遺影に語りかけた。

 祭壇の前に立つと穏やかにほほ笑んだ。手には何も持たず、優しい笑顔を浮かべる相澤さんの遺影を見上げ、「会長、なんか変な気分ですよ。私の目の前に、大きな、会長の写真。黒い縁取り。現実なんですね」と静かに語りかけた。

 18歳の時に所属タレント第1号としてスカウトされた。人づくりの名人だった相澤さんの自宅に暮らす“下宿人第1号”として寝食をともにし、俳優としての地位を築いた。92年の政界進出後、落ち込んでいる時期に故人から掛けられた言葉が「お前には笑顔が一番似合うんだ!」。時折言葉を詰まらせながらも、故人の教えを守るように、この日も最後まで笑顔を絶やさなかった。約4分間、恩師の顔を見つめて感謝の言葉をささげた。

 出棺では故人の朗らかな人柄をしのび、明るいカントリー音楽の「You all come」が流れる中、「さようなら」と涙をこらえるように右手を大きく振り、恩師に別れを告げた。

 棺の中には、家族や兄弟と撮影した幼少時の写真や所属タレントの名鑑に加え、サンミュージック30周年記念を企画し99年に作られたCD「サウンド・オブ・サンミュージック」のジャケット写真などが納められた。前夜弔問に訪れた桜田淳子さん(55)、松田聖子(51)ら故人が送り出した歌手の顔が掲載されており、CDに収録された「さらば涙と言おう」「友達よ泣くんじゃない」を歌った森田知事の顔も載っていた。

 カンニング竹山(42)、小島よしお(32)ら所属タレント、レッスン生、全社員に芸能関係者を含む約700人の参列者に見送られ、遺体はこの日午後、都内でだびに付された。関係者によると、骨壺(つぼ)には愛用の眼鏡、サンミュージックの社員バッジが納められた。

 ▼主な参列者 北島三郎、牧村三枝子、榊原郁恵、カンニング竹山、小島よしお、ダイアモンド☆ユカイ、森田健作、西郷輝彦、徳光和夫、髭男爵、野村将希、鳥居みゆき、IZAM、城咲仁、さんみゅ~、湯川れい子 (順不同、敬称略)

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年5月30日のニュース