鹿島学園が「歴史」変えた 「強豪」常総学院を下して、春夏通じて初めての甲子園

[ 2021年7月26日 12:09 ]

全国高校野球選手権茨城大会決勝   鹿島学園3ー2常総学院 ( 2021年7月26日    ノーブルホームスタジアム水戸 )

<鹿島学園・常総学院>初回1死満塁、先制の左前2点適時打を放ち、笑顔の鹿島学園・平塚(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 茨城大会決勝で鹿島学園が常総学院を3―2で破り、春夏通じて初の甲子園出場を果たした。

 初回に常総学院の右腕・秋元璃空(3年)から3点を先取。先発したエース右腕・薮野哲也(3年)が完投勝利で初の聖地に導いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月26日のニュース