鹿島学園のエース・薮野哲也 小学校の卒業式から始まった甲子園への物語

[ 2021年7月26日 20:53 ]

全国高校野球選手権茨城大会決勝   鹿島学園3ー2常総学院 ( 2021年7月26日    ノーブルホームスタジアム水戸 )

<鹿島学園・常総学院>2失点完投で優勝を決め、ガッツポーズする鹿島学園・藪野(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 極限の集中力だった。3―0から1点差まで追い上げられた9回2死二塁。一打同点のピンチだ。エース右腕の薮野哲也(3年)が最後の力を振り絞った。カットボールで空振り三振。ガッツポースで自軍の三塁側ベンチに走りだした。周囲の歓喜で気付いたゲームセット。照れ笑いで方向転換し、捕手と抱き合った。

 「先制した3点を絶対に守ろうという思いで投げました。人生で一番うれしいです」

 最速139キロも、カットボールなど、変化球を低めに集めて4安打2失点完投。春夏通じて初めて甲子園出場を決めた。昨秋の県大会決勝でも完投勝利を挙げた常総学院相手に、112球の熱投で退けた。春季大会後は1種だったスライダーを3種に増やして投球の幅を広げた。茨城大会通算45回1/3を投げ自責点はわずか4で、チームの躍進を支えた。

 大阪府松原市出身。甲子園は追い続けてきた夢だった。理由は「プロに近づくから」。小学校の卒業式では、1人ずつ起立して夢を誓う際「将来は甲子園に行きたい」と叫んだ。父・義明さんが「頑固で一度決めたら押し切る」という男は自ら進路を決めた。大阪の強豪・藤井寺ボーイズ時代、鈴木博識監督(70)が試合を視察。「しなやかに投げていた」と素質を見抜き「一緒に甲子園に行こう」と約束し茨城で成長した。

 神奈川・日大藤沢を90年春と95年夏に甲子園出場に導いた鈴木監督は「本当に成長した。あっぱれと言いたい」と薮野を称えた。日大監督時代には村田修一(現巨人野手総合コーチ)、館山昌平(元ヤクルト)らを指導。指揮官にとっても26年ぶりの聖地となる。

 「(鈴木)監督さんを信じてここに来て良かった。89チーム分勝ってやろうと思います」。薮野が茨城大会に出場した他の89校の思いを背負い、甲子園へ向かう。(柳内 遼平)

 ◇薮野 哲也(やぶの・てつや)2003年(平15)11月13日生まれ、大阪府松原市出身の17歳。小3から野球を始め、松原第七中では「藤井寺ボーイズ」に所属。鹿島学園では2年秋からベンチ入り。遠投97メートル。50メートル走6秒6。憧れの選手は楽天・岸。1メートル83、68キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月26日のニュース