TOKYO METS 準決勝で力負け 創部11年目初出場初勝利も 元ロッテ愛甲HC「個伸びないと」

[ 2021年5月31日 05:30 ]

第45回全日本クラブ野球選手権大会第2日 準決勝   TOKYO METS4ー11千曲川硬式野球クラブ ( 2021年5月30日    長良川 )

<TOKYO METS・千曲川硬式野球クラブ>敗れたTOKYO METS・愛甲ヘッドコーチ(右から2人目)(撮影・成瀬 徹)             
Photo By スポニチ

 TOKYO METSは創部11年目で初出場初勝利を果たすも、準決勝で力負けした。

 緊急事態宣言下で平日午後8時以降の練習ができなかったが、児玉貴文監督は「去年と比べて最後まで諦めなくなった」と選手をねぎらった。元ロッテの愛甲猛ヘッドコーチは「個が伸びないと強くならない。足らなかった部分を自分で感じて練習してほしい」と成長に期待した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月31日のニュース