仙台六大学リーグの表彰選手が発表 あの甲子園左腕が最優秀投手賞に輝く

[ 2021年5月31日 21:21 ]

最優秀投手賞に輝いた東北福祉大の三浦瑞樹(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 仙台六大学野球春季リーグ戦の優勝決定戦が31日に行われ、東北福祉大が仙台大を4―3で下し、6季連続74度目の優勝。全日本大学野球選手権(6月7日開幕、神宮ほか)に35度目の出場を決めた。

 試合後のセレモニーでは盛岡大付で3度、甲子園に出場した東北福祉大の最速148キロ左腕・三浦瑞樹投手(4年)が最優秀投手に選出された。その他の受賞者は下記の通り。

【ベストナイン】
・投手:長久保滉成(仙台大)
・捕手:大沢亮(東北大)
一塁手:松嶋拓郎(仙台大)
二塁手:益子侑也(仙台大)
三塁手:大里昂生(東北福祉大)
遊撃手:布施太聖(東北学院大)
外野手:杉沢龍(東北福祉大)
外野手:稲山裕一(仙台大)
外野手:三浦豊(宮城教育大)
指名打者:竹中研人(東北福祉大)

【個人賞】
最高打率賞:益子侑也(仙台大)・448
最多打点賞:稲山裕一(仙台大)10打点
最多本塁打賞:該当者なし
最多盗塁賞:佐藤翔(東北学院大)8盗塁
敢闘賞:川和田悠太(仙台大)
最優秀投手賞:三浦瑞樹(東北福祉大)
優秀新人賞:古谷龍之介(東北学院大) 
最高殊勲選手賞:杉沢龍(東北福祉大)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月31日のニュース