DeNAから戦力外の荒波 現役続行へ意欲 海外リーグでのプレーも視野

[ 2019年1月19日 19:06 ]

自主トレでノックを受ける前DeNAの荒波
Photo By スポニチ

 昨季限りでDeNAから戦力外を通告された荒波翔外野手(32)、現役続行への強い意欲を口にした。昨年末までDeNAの2軍施設(神奈川県横須賀市)でトレーニングを行っていたが、現在は京都府内で楽天・藤田らとともに自主トレを行っている。現時点で次の所属先は決まっておらず、海外リーグでのプレーも視野に入れているものの「探しているけど、まだ決まっていない」と説明した。

 練習場所の確保のため、藤田に1月の自主トレ参加を申し入れた。「藤田さんには本当に感謝している。気持ちを切らさずにみんなと同じメニューをやって、体は出来上がっている」。ただ、現実は厳しいことは理解している。「結婚して家族もいるので、ずっとこの状況のままというわけにもいかない。長引かせるわけにもいかない」。オファーがなければ、どこかで区切りをつけることも覚悟しながら次のステップを模索している。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月19日のニュース